治療時の費用 | 病気やケガの治療に必要なことを伝えましょう。きっと役立つはずです

治療時の費用

癌の医療費について知っておきましょう

癌は発見された段階で既に他の臓器まで転移していて、手術や完治が望めないといった状況になっていることもあります。つまり症状が出ないうちに進行することが多く、症状が出た段階では手遅れになっていることも多いのです。そのために癌の治療に関して一番大切なことは、健康診断や人間ドックなどで早期に発見することと言えます。 癌が発見された場合の治療費は高額療養費が適用されますので、収入により、一定の額を超えた医療費は健康保健からの支払となります。また、がん保険に加入していると、転移や再発によって治療費が必要となった場合でも保険金の支払いがあることが大半です。経済的に困らないように、受け取ることができる金額をよく調べておきましょう。

転移とはどのようなことでしょうか

癌の転移とはある臓器で発生した癌が、リンパや血液に流れに乗って他の臓器に移り、離れた他の臓器でも癌が発生することを言います。転移のしやすさは癌の種類や体質などによって異なりますので、一般的な話はできません。大きい腫瘍だからといって転移するということはなく、小さくても転移があることもあります。転移した癌は5ミリ程度になるまで発見することはできませんが、転移自体はもっと早い段階で起こっていると考えられています。 癌の転移は200年前くらいから知られていましたが、深い研究が始まったのは1973年ごろのことです。まだはっきりしないことが多い研究分野ですが、今後の研究によりより詳しいメカニズムが解明されていくことでしょう。