多くの日本人が悩んでいる病気 | 病気やケガの治療に必要なことを伝えましょう。きっと役立つはずです

多くの日本人が悩んでいる病気

年々多くの人がガンを発症しています。

現在の日本では毎年2人に1人がガンを新たに発症し、そして3人に1人がガンによって亡くなっています。 このようにガンは身近な病気で非常に怖い病気です。 しかし男性と女性では発症しやすいガン、死亡しやすいガンに違いがあり、男性では「胃がん」「肺がん」「前立腺がん」などの発症率が高く、女性の場合は「乳がん」「大腸がん」「子宮がん」などの発生率が高いです。 例えば女性が発症するガンで最も多いのが乳がんですが、乳がんで亡くなる人は発症人数をかなり下回っています。 このことから乳がんは発症しやすいが、治りやすいガンであるということが分かります。 こうしたところを先に確認しておくことによって、ガン予防でどこに気をつけておくべきかが見えますし、定期的な検診を受けることで、がんの早期発見と完治が見込めることでしょう。 今では成人病としても認知されている病気なので、日常生活で十分気をつけるとともに、発見された時も適切な対処をするようにしましょう。

この統計からがん発症=死ではないことがわかります。

それではガンの予防法、治療法などについて説明します。 まず予防法ですが、ガンの発症には食生活、運動、ストレス、睡眠、タバコ、アルコールなどの生活習慣が大きく関与していることが明らかなので、生活習慣を見直すことが最大のガンの予防方法となります。 次にガンの治療方法は外科療法、放射線療法、化学療法の3つの治療方法をガンの種類や進行具合、患者の体力などによって組み合わせて行うことになります。 がんの治療は早期発見出来れば完治する確率も高くなりますので、定期的な健康診断を行うことが重要です。